目のふたえ 埋没法(二木法)

メディクスのオリジナルふたえ埋没法

ふたえ埋没法とは

埋没法は皮膚を切らずに糸を縫いこみ、二重のラインをつくる方法です。当院では表の皮膚側から眼瞼挙筋に糸をかけるので結膜を傷つけず、腫れも抑えられます。また、3点をマークしてカーブに沿って糸を通すので仕上がりも自然です。手術直後からコンタクトレンズもつけられます。メイクも翌日から可能です。

埋没法は切開法とくらべ腫れが少なく、やり直せることから多くの方がまずこの手術から受けられます。
ただし、糸のみで皮膚を引き込んでいるため、

  • ・まぶたを強くこする習慣がある
  • ・まぶたがむくみやすい
  • ・もともと皮膚が余っている

などが原因で二重のラインが薄くなったり、消失する可能性があります。

※手術後の二重ラインの変更につきましては、通常の手術料金をいただきます。

手術の流れ

  • 1. デザインは大変重要です。じっくり決めましょう。
  • 2. 点眼麻酔と皮膚の表側から局所麻酔をします。
  • 3. 手術中は角膜保護板(眼球を守る器具)を挿入します。
  • 4. 3点に糸を通して仮結びをします。
  • 5. 瞼をあけてもらい、ラインを確認。
  • 6. ラインが良ければ本結びを行い、糸を埋め込みます。
  • 7. 両側終了し、起きた状態でラインを 確認していただき終了です。
  • 8. 手術後は少し局所を冷やしてからご帰宅となります。

施術時間 20分
ダウンタイム 2~3日(メイクは手術翌日から可能です)

HOME