フェイスリフト

メディクスのフェイスリフト(二木法)3つの特長 1.傷が残らず、腫れにくい!2.皮膚だけでなく、脂肪・筋肉も同時に引き上げるので、若返り効果が抜群!3.アゴ下の脂肪吸引を同じに行うので、フェイスラインが断然きれい!

メディクスのフェイスリフト 二木法とは

重力の関係で全体的に下の方向に伸びた皮膚、ほほ脂肪パッド、筋肉を、顔の後上方に引き上げるシワ取り手術を行います。

当クリニックで行っている「二木法」は、皮膚だけでなくほほ脂肪パッド、筋肉、筋膜も引き上げます。引き上げたものが再び元にに戻らないように従来のSMAS法に加えて独自のリガメント、セプタム法で固定するので従来のSMAS法のみと比べて飛躍的に効果の持続が高まりました。また、同時にあごしたの脂肪吸引を行っていただくとより自然な若返りを得られます。

頬の垂れ下がり、鼻と口の角のシワ(ほうれい線)が気になるようになったら、早めにフェイスリフト手術を受けることを強くお勧め致します。

一般の方から「フェイスリフトは傷が残るから、ちょっと…」といった意見を耳にしますが、当クリニックでは傷跡が目立たないように、手術のデザインから縫合方法、術後のケアに至るまで、一人一人の患者様の体質に合わせた治療計画を立てます。当クリニック開設以来、最もこだわってきた手術の一つです。ご安心して手術を受けて頂けると思います。

フェイスリフトの種類

二木法フェイスリフト

髪の毛の中から耳のふち、耳の裏、うなじの生え際と目立ちにくい部分を切開し、顔のたるみをつりあげる方法です。自然な若さが得られます。目がつりあがったり、口がひきつられたりする心配はありません。傷跡は髪の中やうなじの生え際、耳の穴に沿っているため見えません。またこれらの部分は治りが早いので、ダウンタイムが短く傷あとは分からなくなります。

前頭部のしわ取り

額の髪の生え際に3ヶ所小さな切開をおこない筋肉を操作し、シワをなくすようにします。

目尻のしわ取り(カラスの足あと)

耳の上(こめかみ部分)を7cm~8cm切ります。頭髪の中のため、傷はわかりません。

首のたるみ取り

首のたるみはアゴ脂肪の重さによる皮膚の伸びで起こるものなので、皮膚を引き上げると同時に脂肪吸引を行います。

HOME